『沖縄と核』ディレクターさんに対するデマと個人攻撃に屈しないで !!! NHK に応援メッセージを送ろう💕 キャンペーン

 

f:id:freeokinawa:20180525050022p:plain

ネトウヨ界隈のひとたちが悪質なデマを拡散し、あの『沖縄と核』などの傑出したドキュメンタリー番組を制作してきたディレクターを中傷攻撃しています。

 

  

皆さんご覧になりました?

あの昨年のドキュメンタリー『沖縄と核』。

すごい衝撃でした。

 

最近、あまり期待する人も少なくなった NHK の番組作り。でも昨年の一連のドキュメンタリーでは、私たちに BBC にも負けない、すごい NHK の気迫を感じさせてくれました。

  

f:id:freeokinawa:20180525035849p:plain

NHKスペシャル『スクープドキュメント 沖縄と核』

取材班は、日本とアメリカの1500点を超える資料を収集し、戦後、沖縄に配備されていた核兵器とその戦略かかわった元兵士たちへの取材を重ねました。

 

まだ見ていない方は、どうかご覧ください。

youtu.be

 

復帰前の沖縄に1300発の核兵器が配備・貯蔵されており、核が沖縄に押しつけられ、配備されていった背景。沖縄がアジア最大の核の拠点となっていった衝撃的事実。そしてこの沖縄で核戦争一歩手前までいく事故を起こしていた事実を初めて知り、その現実に驚愕しました。

 

衝撃でした。

 

それだけではなくて、たくさんの資料を一つ一つ読み解き、丁寧に検証し作り上げていくドキュメンタリーの神髄、その力強さにも大きく心を揺さぶられました。

 

私たちが NHK に求めているのは、このディレクターさんのような、地道な取材と、しっかりとした歴史検証、そして鋭い時代の洞察を映像化できるドキュメンタリー制作です。


でも、だからでしょうか。

 

先日から、ネット右翼とよばれるひとたちが、ネット情報でデマを流して、NHK に大量動員をかけ、ディレクターさんに「懲戒免職を求める」などと騒いでいます。

 

 

先日も、レイシズムに対抗する弁護士の人たちに懲戒請求を大量に送りつけるという騒ぎを起こして、ニュースにまでなったのに、なぜ、かれらはこうやって懲りずにパターンを繰り返しているのでしょうか。

 

このディレクターさん、今理織さんは、その誠実なお人柄と、長年の沖縄取材と歴史研究にもとづいた知識で、シンポジウムや講演会でも活躍されていたので、みなさんの中にはそうしたお話をお聞きになっている人もいたかもしれません。

 

ryukyushimpo.jp

 

これもそうですね。これまであまり知られていなかった沖縄の護郷隊についてたくさんの沖縄戦の資料と聞きとり調査を重ねた番組作り。本当にありがたいです。

 

www.youtube.com

 

blog.livedoor.jp

 

ところがこのディレクターさんに関して、ネット上で、何の根拠もなく、「レイシストをしばき隊」というグループで、「沖縄しばき隊の沖縄支部長」だ、だから暴力集団だ、みたいな、デマを流し始めました。それらは完全なデマです。

 

そもそも「沖縄しばき隊の沖縄支部」なんてものは存在していません。しかも「レイシストをしばき隊」というグループも何年も前に解散しており、存在しません。なのに、なぜこんなことを言いだすのでしょうか。

 

これも沖縄の情報発信と言論をつぶすための、ネット暴力だと思います。

 

 

このひとたちは、沖縄の座り込みに対してもそうなんですが、なんでも都合の悪いものは暴力集団だー、とか、テロリストだーとか、言い始めます。でも、いったい誰が暴力をふるいましたか?

 

言語暴力をふるっているのはレイシスト団体のほうであって、カウンターする方ではありません。

 

いつこのディレクターさんが暴力集団に加担したというのでしょうか。

 

 

そんな「しばき隊の沖縄支部長」とか、存在すらない支部のトップやってるって、そんな根も葉もないデマから、講演会をやっているとか、そんなことまで批判されています。

 

 

いま、緊急のお願いがあります。

 

テレビ業界では、やはり一番効果があるのは「視聴者からの声」だといいますが、団体組織し、まめにメディア各社に迷惑の電話をかけるネトウヨと違って、わたしたちはテレビ局にあまり感謝の電話をしたことがありません。

 

しかし今回は、『沖縄と核』ならびにNHK沖縄戦取材報道をご覧になったことのある皆様にお願いがあります。

 

こうした、沖縄のことをしっかり良質な番組にしてくださるディレクターさんがいなくなると、カメジローの映画だって、沖縄のドキュメンタリーだって、制作する側がいなくなりますよ。

 

日本の良質なメディアのこれからを守るためにも、ネトウヨの悪質な動員圧力に NHK が揺らぐことのないよう、私たち視聴者からの熱い応援メッセージ、地道な取材と報道をしてくださっていたディレクターさんへの感謝の気持ちを送りませんか。

 

電話はこちらから

 

NHK放送センター
03-3465-1111

NHKふれあいセンター
番組へのご意見・お問い合わせはこちらに。

0570-066-066(放送番組関連)

 

メールはこちらから
https://cgi2.nhk.or.jp/css/mailform/mail_form.cgi

ファックスはこちらから
03-5453-4000

 

手軽な電話もいいですが、文書として残るメールやファックスや、お手紙やお葉書でもいいとおもいます。

 

届いたメッセージはちゃんとまとめられ、NHK内の各部署で共有され、ウェブでも公開されます。私たちの良心の声を NHK に届けましょう !

 

かならずディレクターさんのもとにも私たちの声が届くと思います。

 

NHKネトウヨデマに負けないで !

 

みなさまの声にお応えします | 週刊みなさまの声

 

bee-media.co.jp

toyokeizai.net