すごい熱気 !「負けてぃーないびらんどー !」稲嶺ススム決起集会での翁長知事のスピーチ -

 

f:id:freeokinawa:20180124063658j:plain

  

1月23日(火)

稲嶺ススム市長 "必勝" 総決起大会

 

翁長雄志知事もかけつけた !

 

そうだよ、道路100m、200m、作ることなんかと引き換えに、基地なんか作られてたまるものか !

 

f:id:freeokinawa:20180124064905j:plain

 

はいさーい 

今度の選挙、負きてぃーないびらんどー!

 

沖縄県と名護市、子や孫の誇りのために、

頑張りましょうね。

 

本当に、今度の選挙、沖縄県名護市だけでなく、

北部の命運がかかっている。

 

そして、稲嶺ススム市長が2期8年間で頑張ってきたこと、これは市民生活を含め、基地の問題、全てにわたって、自分の足をしっかりと地に立てて、市民と一緒にスクラムを組んで、今日まで立派な名護市をつくってまいりました。

 

これを継続させなければいけません、皆さん !

 

たとえば中学生までの通院・入院の無料化。これをやったのは11市の中で名護市が一番目です。

 

福祉や教育環境の充実、しっかりと取り組んでまいりました。県とともに進めている北部基幹病院の設置。

 

着実に実現に向けて歩んでまいります。沖縄ITイノベーション戦略センター。名護市が一番に手を上げております。

 

必ず名護市北部の発展のためにこれを築いていきたい、そう思っております。

 

それから基地の問題。

辺野古基地を、美しい大浦湾を埋め立てて造ることは絶対に許さない沖縄県と名護市が今、一緒になってやっています。

 

これが私たちの大きなテーマです。必ず実現をしなければなりません。

 

私が以前から申しておりますように、「米軍基地は沖縄経済発展の最大の阻害要因」であります。

 

返還された土地では

雇用、税収、全て

50倍から70倍に

なっているんです。

 

新都心でいいますと、

雇用170名だったのが

今、17000名

税収6億だったのが、190億

 

このような変化の中で、あの辺野古・大浦湾を埋め立てて新基地を作り、オスプレイが100機 来ると。

 

これからの沖縄県の観光・経済の伸び代は名護市と北部にある。

 

そして今でさえ20機そこらで、

高江にも安部にも伊計島にも墜落をしたり、不時着をしたり、炎上をしたり…、

こんなことが起きている。

 

たとえ世界自然遺産登録をしたとしても、沖縄県がこの先国際観光リゾート都市として名護市を中心に発展しようとしても、なかなかできないじゃないですか、みなさん。

 

たった100m、200mの道路を造ることと基地を引き換えにしてはいけません。

 

私たちは、

子や孫や、その子たちに、

勇気と誇りを与えるために

今、生きて頑張っているのです。

 

行政においてもしっかりとした業績を残した稲嶺さんとともに、基地問題においても沖縄の将来の礎を築くべく、一緒に頑張ってまいります。

 

是非ともまずは当選させてください。

 

南城市で私たちの仲間がチョービンさんを当選させました。

 

この名護市においても堂々と当選をさせようではないですか。

 

頑張りましょう!よろしくお願いします!

 

f:id:freeokinawa:20180124063929j:plain

 

みなさん、

この笑顔ですよ !

頑張っていきましょう !!!